• 古い家庭用パソコンをサーバーにする

    サーバーを構築する場合、家庭用パソコンを流用することもできます。

    しかも、最新型のものではなく、古いものでも充分な働きをします。

    なぜサーバーは、古いパソコンでも大丈夫なのでしょうか。

    理由として挙げられるのは、まず、家庭用パソコンとサーバーのOSの違いです。


    家庭用パソコンで使われるOSはGUIと呼ばれる、マウスでアイコンをクリックしたりすることで操作する、グラフィカルなシステムで動いています。



    なにをするにしても、どんなものを表示する場合も画像が不可欠なので、画像をよどみなく動かすためのスペックが必要になるのです。しかし、サーバーの場合、CUIと呼ばれるコマンド操作のシステムでOSを動かすことが一般的なので、グラフィックにパソコンの能力を使う必要がありません。



    そのため、古いパソコンでも充分動作させられるのです。



    もう一つの理由として、サーバー自体、それほど能力は必要ないということが挙げられます。

    というのは、ユーザーの要求に従って、ファイルを転送する、あるいは受け入れるというのが主な働きだからです。
    家庭用パソコンのように、時には動画を表示したり、CGを使ったゲームを動かしたりといった、負荷のかかる複雑なことはほとんどしないので、最新スペックのパソコンでなくてもいいわけです。
    営利目的のホスティングサービスを行っている会社では、CPUのコアがたくさんあって、メモリが数十ギガもあるものを使っていますが、これはたくさんのアクセスをさばくために必要なスペックであり、かなり例外的です。